Twitter運用初期の立ち回り方

Twitter運用初期の立ち回り方

 

Twitter運用については影響力によって発信内容や立ち回り方が変わってきます。

特にTwitter運用初期(フォロワー2000人未満)のときに意識すること。

✅自分から積極的に交流する
✅応援したくなる人雰囲気を出す
✅まずは1人のファンを作る

ことを意識していきましょう。

そして、具体的にやるべき作業内容は

✅フォロー作業
✅お客さんとの交流
✅ツイート

の3つです。

1つずつ解説していきますね。

フォロー作業

 

自分から積極的にフォローしよう

ツイートするだけで、いいねがたくさんついたり、フォロワーが増えるのはツイート内容がバズるか、ある程度影響力のあるインフルエンサーだけです。最初は自分から積極的にフォローして認知を上げていきましょう!

誰をフォローしたらいいのか?

ペルソナシートで書いてもらったターゲットに近い人をフォローしていきましょう。(特に相互フォローしてくれそうな人がアクティブユーザー理想的)ブロガーさんにアイコンを売っていきたいのであれば、ブロガーさんをどんどんフォローしていきましょう。

ペルソナに近い人をフォローできるのが理想的ですが、25歳、女性、ブロガー、主婦でなど細かくしてしまうとフォロワーが見つからないなんてことになりかねません。プロフィールを一瞬見てターゲットに近いなと思ったらフォローするくらいで大丈夫です。

ターゲットの探し方

ターゲットの探し方は

✅キーワード検索
✅インフルエンサーを探す
✅ハッシュタグで検索

の3つです。

ブロガーさんがターゲットの場合を想定して説明していきますね。

キーワード検索

キーワード検索に関しては、ターゲットが発信してそうな言葉を想像して検索するというものです。たとえば、『ブログ更新』『アドセンス』『ワードプレス』などですね。

インフルエンサーを探す

ブロガー界のインフルエンサーのフォロワーにはブログをしている人が集まっていますよね。『ヒトデさん』『マナブさん』などのインフルエンサーのフォロワーはブログを伸ばしていきたいという人が集まっているので、その中でも「この人、アイコンがイマイチだな…」という人をフォローしていくのがオススメです。

ハッシュタグ検索

『#ブロガー初心者』『#ブログ書け』などのハッシュタグにはブロガーさんが集まっています。ターゲットが使ってそうなハッシュタグからフォロワーさんを探すととても効率がいいです。

お手本にしたい人もフォローする

あなたのイラスト販売につながるお手本となるような人をフォローしましょう。
ツイッター上には発信のプロがわんさかいます!0から自分で考えるのではなくて、ツイートの書き方とか、企画の仕方が上手なだなって思う人がいればどんどん真似していくといいですよ。まるパクリではなく、ちゃんと自分の色をのせることでオリジナルのものになります。

ちなみに、私はTwitterの『リスト機能』を使って、この人参考にしたいな〜って思ったらその都度、リストに入れています。

リストは👇から作ることができます。

こんな感じで、ジャンルごとにリスト分けしておくと、あとから見やすいですよ!

⚠️フォローするときの注意点

一気に連続でフォローしすぎない

フォローしすぎたり、高速でフォローしてしまうと、Twitter社から「怪しい動きをしている人がいるな…」と判断され、ロックがかかり数日間Twitterを動かせなくなってしまうことがあります。さらにロックに何度もかかってしまうと、永久凍結といって二度とアカウントを復活できなくなるので注意しましょう。

✅フォローするときは、1回で30人以内におさえる
✅さらに30人フォローするときは、最低でも4〜5時間空ける
✅フォローする間隔は3秒以上あける

イラスト販売という目的につながるフォローか?

たまに、イラストを売りたいのにフォロワーは絵描きばかり…。なんて方が多いです。絵描きさん仲間を作るのが目的なのであればそれでいいと思いますが、同じ絵描き仲間にこんなイラスト売ってます!ってPRしても当然売れませんよね。目的を忘れずにフォローしていきましょう。

フォロー数とフォロワー数の比率に気をつける

なるべく、フォロー数がフォロワー数を上回らないように気をつけましょう。たとえば、フォロー数が3000でフォロワー数が500だと、お客さんから見たら「この人フォローばっかりしてる人なんだな…」「人気なさそうだな…」って印象を与えかねません。フォローしてもフォローバックが返ってこない人はフォロー解除しておきましょう。

フォロワーの管理はSocialDogというアプリが便利です。ツイートの予約やフォロワー管理もでき、しかも無料で使えます。

お客さんとの交流

お客さんとの交流は信頼関係をつくる上で必須です。最初は簡単なあいさつからでいいので、お客さんとの交流を楽しみながら運用していきましょう。

交流の具体的な例

ツイートへのリプ

フォローバックしてくださった方のツイートなどには積極的にメッセージを送りにいきましょう。特に、朝のあいさつは時間帯が固定されているので交流がしやすいです。

また、リプをする時に必ず相手の名前を入れてあげると親近感を感じてくれますよ。

いいね

ターゲットのツイートには積極的にいいねしにいきましょう!いいねされると、うれしい気持になるし、「いつもいいねしてくれている人だ!」って親近感がわきます。

一度に大量のいいね(1時間に60〜100回以上)をしてしまうと、制限がかかる恐れがあるので注意してくださいね。アカウントのいいねが制限されると、新しくいいねを押しても自動的に取り消されてしまいます。

毎日ツイートしよう

 

ツイートはできれば毎日ツイートしましょう。ツイートするときもしっかりと目的意識を持つことが大事です。1つ1つのツイートがイラストを売るということにどうつながるのかを考えながらツイートしましょう。

とはいえ、最初から完璧なものをかこうとしなくても大丈夫です!最初は毎日ツイートすることを習慣化させることが一番大事なので、無理せず楽しみながらツイートしていきましょう。

どんなツイートがいいのかについてですが、初心者のうちは

✅あいさつツイート
✅応援したくなるツイート
✅イラストの必要性をお客さんに教育してあげるツイート
✅イラストのツイート

を意識していきましょう!

逆に、こんなツイートは控えましょう。お客さんがあなたのツイートを見てどんな気持ちになるのかまで考えましょう。

・ネガティブなツイート
・政治的なツイート
・他人のRTをしまくる
・暗い話題
・説教系
・愚痴ツイート
・#ハッシュタグ多すぎツイート
・ご飯ツイート(たまにはOK)

とはいえ、具体例がないとなかなか想像しにくいと思うので、上手な人のツイートを参考例としてのせておきますね!

お客さんの心をつかむのが上手だなと思った方のツイート

あいさつツイート

朝は前向きなツイート、見たひとのやる気が出るようなツイートがおすすめです。あいさつツイートには、おは戦タグを使うのがオススメ。特にSNS、ブロガーさんがターゲットの人は、おは戦タグを使うことで交流のきっかけを作ることができます。

イラストを添えたおはようツイートもいいですね✨さらにハロウィンという季節トレンドのハッシュタグも活用されていて拡散力も期待できますね!

応援したくなるようなツイート

「始めてのご依頼で喜んでくれるか不安だった…」という自己開示をして、ネガティブで終わるのではなく、無事に喜んでいただけて嬉しかったとポジティブにしめているところが素晴らしいです。これからも精進していくという前向きな姿勢には応援したくなりますよね☺️

ファンを大切にしている姿勢が伝わってきてとても素晴らしいです。人気であることのPRにもなるし、何よりも素敵な人間性が伝わりますよね。うれしいという感情が伝わってきて、ツイートを見てるこっちまで、うれしい気持ちになりますよね☺️

イラストの必要性をお客さんに教育してあげるツイート

SNSアイコンはSNSの顔!という言葉でしっかりとお客さんにアイコンの必要性を教育できていますよね。しっかりとしたアイコンを作らないと!ってなるし、この方はプロ意識を持って描かれているし、人気ありそうだからお願いしてみようかな!ってなりますね。

本気でSNS集客で稼いでいこうと思っている人がこのツイートを見たら、しっかりしたアイコンを作ることで、覚えてもらえるようになってビジネスも軌道に乗るんじゃないかなって思ってご依頼につながりますね。

アイコンの必要性を具体例をあげて教育している例。ターゲットもフォロワーが少ない段階の人に絞っていていいですよね。

イラスト関係のツイート

イラストを描いている様子のツイートをすることで、こんな感じで描いてくれるんだな〜!ってお客さんから想像しやすくなりますよね。お客さんからの信頼につながる素晴らしいツイートです。

完成イラストではなく、途中経過のイラストをのせるのもいいですね!作成の過程をのせることで、こんなふうに丁寧に描いてもらえるんだなってお客さんへの期待にもつながります。

予約投稿でイラストを投稿すると画質が悪くなるので注意です。

画質の良さはWebから投稿>アプリから投稿>予約投稿の順になります。